一般事業主行動計画
社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、
次のように行動計画を策定する。

計画期間

 令和2年4月1日から令和5年3月31日まで

内容

目標1. 令和5年3月までに、働き方改革関連法案施行に伴う36協定、法遵守と実態の監視監督をおこなう。
 [ 対 策 ]
 ・令和2年4月~ 働き方改革関連法案について会社方針に盛り込む。
 ・令和2年4月~ 残業時間削減のため現状の時間外作業状況を把握。
週一回のノー残業デーを確実な実施活動とする。(全社員対象)
 ・令和2年4月~ 各部門の残業時間を監視し公表。
時間外勤務月45時間以下体制を構築。


目標2. 有給休暇年5日以上取得の監視監督及び遵守を継続的に実施する。
 [ 対 策 ]
 ・令和2年4月~ リフレッシュ休暇制度の実施による取得推進。
 ・令和2年4月~ 年次有給休暇の取得予定表の整備と取得状況のまとめ。
各部門の毎月の取得状況報告。


目標3. 勤務間インターバルの監視監督及び遵守を継続的に実施する。
 [ 対 策 ]
 ・令和2年4月~ 各部門の毎月の勤務時間インターバル出勤の実態を調査し把握する。
 ・令和2年4月~ 改善が必要な部門の部門長に是正を要請する。


目標4. 産業医・産業保健機構の強化を実施する。
 [ 対 策 ]
 ・令和2年4月~ 産業医の活動と安全衛生委員会との関係強化。
 ・令和2年4月~ 産業医への権限・情報提供の充実強化。
 ・令和2年4月~ 健康相談の体制整備、健康情報の適正な取扱い。
 ・令和2年4月~ 健康診断結果の情報を産業医に提供しアドバイスを受ける。


目標5. 法定休日の確保における監視監督及び遵守を実施する。
 [ 対 策 ]
 ・令和2年4月~ 各部門の毎月の休日出勤の実態データと振替休日取得を調整し把握する。
 ・令和2年4月~ 部門長に振替休日取得の改善を図る行動管理を要請する。
 ・令和2年4月~ 振替休日の周知、啓発の実施。


目標6. ハラスメント対応体制の構築。
 [ 対 策 ]
 ・令和2年4月~ 現状の社内規定に不足している内容を確認し、社内規定の見直しと改定を実施する。
 ・令和2年4月~ ハラスメントに関する社員教育を企画、実施する。


女性の活躍を推進するための一般事業主行動計画
女性技術職・女性営業職を採用し、女性が活躍できる雇用環境の整備を行うため、
次のように行動計画を策定する。

計画期間

 平成28年5月1日から令和3年3月31日まで  

内容

目標1. 女性の技術職・営業職の募集を行い、一人以上の採用を行う。
 平成28年5月~ 技術職の女性を募集するための、募集を公開をする。
営業職の女性を募集するための、募集を公開をする。
 平成28年6月~ 女性の技術職・営業職の応募者への説明会を開催する。
今後継続的に、実施を行う。
 平成28年12月~ 女性の技術職・営業職を募集しているパンフレットを作成する。
 令和2年1月~ 大学・専門学校への募集案内を配布する。