一般事業主行動計画
社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、
次のように行動計画を策定する。

計画期間

 平成29年4月1日から平成32年3月31日まで

内容

目標1. 平成32年3月までに、所定外労働時間を削減するため、ノー残業デーの実施と実態の監視をおこなう。
 [ 対 策 ]
 ・平成29年4月~ 残業時間削減のため現状の時間外作業状況を把握する。
週一回のノー残業デーを確実な実施活動とする(全社員対象)。
 ・平成29年4月~ 各部門ごとの残業時間の実績を監視し公表する。


目標2. 振替休日の取得が低いため取得へ向けた改善活動を継続的に実施する。
 [ 対 策 ]
 ・平成29年4月~ 部門長に取得の改善を図る行動管理を要請する。
 ・平成29年4月~ 振替休日の未取得者の公表。
社内ネットワークを活用し、周知・啓発の実施。


目標3. 平成31年9月までに、年次有給休暇の取得日数を一人当たり年間平均12日以上とする。
 [ 対 策 ]
 ・平成29年4月~ リフレッシュ休暇制度の実施による取得推進。
 ・平成29年4月~ 年次有給休暇の取得状況の把握。
 ・平成29年4月~ 年次有給休暇の取得予定表の整備と取得状況のまとめ。
部署ごとの、毎月の取得状況報告。
女性の活躍を推進するための一般事業主行動計画
女性技術職・女性営業職を採用し、女性が活躍できる雇用環境の整備を行うため、
次のように行動計画を策定する。

計画期間

 平成28年5月1日から平成33年3月31日まで  

内容

目標1. 女性の技術職・営業職の募集を行い、一人以上の採用を行う。
 平成28年5月~ 技術職の女性を募集するための、募集を公開をする。
営業職の女性を募集するための、募集を公開をする。
 平成28年6月~ 女性の技術職・営業職の応募者への説明会を開催する。
今後継続的に、実施を行う。
 平成28年12月~ 女性の技術職・営業職を募集しているパンフレットを作成する。
 平成29年1月~ 大学・専門学校への募集案内を配布する。